仕組みやサービスを知りたい

授業を受ける人

日本には、たくさんの英会話教室があります。インターネットが発達した現在においては、インターネットを利用して英会話を学ぶことも決して難しくありません。インターネットならば、わざわざ自宅の外に出ずに学ぶことができます。プロジェクト2020は、パソコンではなくスマートフォンを通じて英会話の情報を発信しているのがポイントになります。このような仕組みを採用している会社が最近増えていますが、なんといっても費用がかからないのが大きな特徴になります。費用はかからないと言う話はありますが、初回だけ無料で2回目以降の英会話はお金を取る仕組みがほとんどです。ところが、プロジェクト2020の場合には2回目以降の英会話においてもお金を取らないのが大きな特徴です。このように、無料でシステムを作動できる理由は明確では無いものの、実際に体験者の口コミなどを見ても安心して利用することができるといった声も少なくありません。本格的に英会話を習いたい場合はプロジェクト2020に申し込みをすると良いでしょう。ちなみに、プロジェクト2020はインドで主催されている英会話教室になります。もともとインド自体は英語圏ではありませんでしたが、イギリスの植民地時代に英会話が使われるようになってから本格的に英語の勉強をする人が増えたわけです。今では、英語の留学の国の1つとして候補に挙げられることも少なくありません。

基本的なステップが非常に明確

先生

英会話教室に通う場合も、基本的にどのぐらいの勉強期間を経ると必要な会話を学ぶことができるかは明確ではないことが多いです。そのため、泥沼にはまってしまうように次から次へとお金を浪費してしまうことも少なくありません。しかしながら、プロジェクト2020の場合は、おおよその目安が決まっているため目標が立てやすいことが特徴です。例えば、海外旅行に行く場合に必要な英会話がありますがそれを学ぶのはおよそ30フレーズほどがあるとされています。これは、1日1フレーズずつ覚える計算をした場合、およそ1ヵ月で完了することになるわけです。また、基本的な英会話を学ぶ場合には60フレーズあればおおよそ通じるとされているため、これも60日間で学ぶことが可能です。もちろん、その間毎日学ばなければならないため継続して学ぶことが重要になりますが、しっかりとした情熱と気持ちさえあれば自分の目指す目標に到達することは決して難しくないシステムです。

広告募集中